時速160kmへの挑戦

限界を超えた、その先へ。

当ブログについて

本日は当ブログへの御アクセス、ありがとうございます。

 

当ブログでは主としてプラレールに関する内容を中心に
鉄道、旅行、アニメ、動画製作、創作物語と、日々の生活振りを記録してまいります。

 

プラレールは「株式会社TOMY」の登録商品です。
※TOMYは改造を推薦しておりません。
※改造に関しては自己責任でお願いします

 

Twitterはじめました】リアルタイムでの情報はこちら
@tenousu_a001 @fukuen_a003

 

【動画】これから作っていければいいなって思ってます。

Youtubeチャンネル 

 

 

LINER

f:id:tenousu-4472:20200214234943j:plain
京王電鉄5000系(2代目)

当時京王のイメージをガラリと変え、『関東私鉄屈指の名車』として今でも語り継がれている京王帝都電鉄5000系(初代)の名前を引継ぎ、京王電鉄初の有料座席指定列車導入に伴い、その運用のために開発され2017年にデビューしました。
京王ライナーはダイヤ改正の度に増発を繰返し、その殆どが満席という超大人気列車。土日になると駅や沿線から『5000けい!』と声をあげながら手を振る子供たちが多く、まさに新しい京王のイメージとして大先輩に負けない車両と言えるでしょう。

 

そんな京王5000系、デビュー後にすぐ製品化されました。そして黒江さんが中間車を複製していたので余り物をいただき、いつものように6両編成で完成しました。

 

f:id:tenousu-4472:20200215000410j:plain
今回も9000系に前倣えして、製品車と複製車を織り交ぜてあります。
ただし複製車の屋根を塗装した時に製品と色が合わないな~と思ってわざわざ製品車も塗装しなおしたんですけど、結局こっちも色が合わなくて無駄骨となりました。色が薄いのが複製車、濃いのが製品です。一目瞭然ですが、目をつぶれば完璧なのでセーフ。

 

f:id:tenousu-4472:20200215000832j:plain
右が製品、左が複製車です。
京王レッドと京王ブルーは東海急行塗替えシリーズでも使ったFinisher`s color。ちょっとブルーが明るいかな?って感じですが目をつぶれば完璧なのでセーフ。

ステンレス色も程よく似ています。故に屋根色が違うのが目立ちますが、まぁ目をつぶれば完璧なのでセーフです、誰がなんていおうとセーフです。

 

9000系は8本もつくったのに5000系はこれだけ?』と言われましたが、実車の割合もこんなもんですし、5000系は特別ですからね、うんうん(適当)。
なお制作理由に関し、他の作品の如く『押し付けられた』『作品被った』などの面白いネタは一切ありません。かっこいいから作った、ただそれだけです。

 

主戦力

f:id:tenousu-4472:20200209000251j:plain
京王電鉄9000系
京王7000系に続く京王シリーズ、ようやく完成しました。デザイン的にもコンセプト的にも京王の中では1番好きな車両かもしれません。

『0番台なの?30番台なの?』という声は聞こえません。どっちだっていいんです。鉄オタじゃないですし。あと『フル編成じゃないの?』という声も聞こえません。我が家では“らしさ”を重視して6両編成で用意しています。京王7000系も4+2の6連ですし。

 

f:id:tenousu-4472:20200209000658j:plain
製品からパンタ無し中間車(パンタグラフ撤去→京商プラ棒でビート張り)をレジン錬成して塗装。編成中にパンタ有2両とパンタ無2両を組み込んでいます。

レジン複製は空転さん御教授の元、らいぷら君や五号機君、黒江さんにアドバイスいただきました。塗装と帯はいつも通り1000番台さん監修です。

 

f:id:tenousu-4472:20200209001515j:plain
ただ、この9000系の完成は2016年。第0回府中運転会でお披露目されています。
それから4年。『いまさら記事にしてどうするの?』と思いますよね…?

 

f:id:tenousu-4472:20200209001755j:plain
まぁ“レジン複製するためにシリコンで型をつくった”んでね…

 

f:id:tenousu-4472:20200209003805j:plain
やれるだけやりますよね、そりゃあ京王の主戦力なんですもの、我が家でも主戦力として活躍してもらいましょう。目指せ、高幡不動検車区(地下直運用的には若葉台)。

というわけで9000系6連8本が完成しました。これ8連なら0番台コンプリートです。ケースから取り出すのが面倒なので車輪や連結器の交換は運転会でひっぱりだしてきたときにでもやります、強制労働用意。

 

f:id:tenousu-4472:20200209004703j:plain
すべての中間車がレジン複製品というわけではありません。余ったTc車を改造した中間車や、製品パンタ有車のパンタを削った(でも屋根ビートは張ってない)中間車が紛れ込んでいます。まぁ実者も製造時期でバリエーションが…いや、京王9000系はほとんどないですけど、まぁそういうことにしましょう(ご都合主義乙)。

 

実は京王9000系の改造はもう少し続きます…が、それは多摩TECH(代表:黒江さん)さんから納車されてからのお話。はやく借金返せ。

アホだな~(キハ40 2000番台 首都圏色)

f:id:tenousu-4472:20200127215458j:plain
少し前、線路が届きました。これで25000円くらい。プラレールとは格が違います。

 

f:id:tenousu-4472:20200127215627j:plain
練りに練って購入した線路を本棚の上に敷設。段差が気になるけど気にしません。

コンセプトは“臨港線”。貨物線といいながら一応旅客扱いがある駅というイメージです。手前が本線(単線)。右手の広い部分が駅建設予定地(島式片側頭端線)。そして旅客車両の留置線併設。限られたスペースに盛沢山といった具合です。

 

f:id:tenousu-4472:20200127220251j:plain
う~ん、良し。

 

www.youtube.com

さて、ここからはこの動画を流しながら記事を読んでいただきます。是非。
(本題の楽曲は30秒頃から)

 

f:id:tenousu-4472:20200127224355j:plain
先日荷物が届きました。精密ですって。

 

f:id:tenousu-4472:20200127224514j:plain
箱を開けたらビックリ。キハ40 2000番台ではありませんか。

年始にネットの大海原を泳いでいたら『トラムウェイ』『キハ40』という文字を見つけました。2019年春に寒冷地仕様の500番台が発売されていたようでいいな~って思ってたんです。しらた『1月に暖地向け2000番台が発売』『予約受付中』との情報をゲット。KATOのキハ110も暖地向けらしいので並べたらいい感じな予感。予約しないわけにはいきません。ぽちっと。

 

f:id:tenousu-4472:20200127225207j:plain
キハ110との並び。旧型車両の置き換えが進むローカル線って感じで良し。

 

f:id:tenousu-4472:20200127225256j:plain
さらにDD51の客車列車との並び。これも良し。キハ40はプラレールでスルーしてきた程よくわかりませんし興味が薄かったのですが、国鉄御自慢の万能気動車たる所以かなんにでも似合います。キハ40最高、一瞬で好きになりました。

“臨港線”というコンセプトに反しているか否かわかりませんが、私の中では全然おkです。清水港線にはキハ走ってないですけど。

 

で、何が『アホだな~』っていうとですね…

 

f:id:tenousu-4472:20200127230015j:plain
アホだな~(そうだよアホだよ~)

 

f:id:tenousu-4472:20200127230100j:plain
アホだな~(それがどうしたアホだよ~)

アホだなお前散財してまた残業ばっかしてる~

これでも数を減らしました。個人的に出来が満足なので在庫があるうちに増やしたいような気がしなくもないような…でも数増やしたらそれローカル線じゃねぇじゃんね。
全部動力付きって意味ないよな~、予算も抑えたいしな~ってことで動力無し3つです。見た目の違いはありませんし。あと巷ではこのキハ40の造形が甘い云々と言われていることもあるようですが、値段とプラ製品であることを考えればいいんじゃないですか?知りませんけど。僕は気になりません、そもそもキハ40を良く知らないし、元をたどればプラレールのオタク(まだ現役でいたい)なので。

 

皆さんも一家に1両、キハ40いかがですか?

中央どうでしょう 房総半島暴走編②

f:id:tenousu-4472:20200123195934j:plain
雅氏の予定を仮押さえした挙句、黙って千葉の五井まで連行して勝手に予約していたホテルにチェックインして1日が終了しました。

お部屋はいわゆるビジネスホテルでまとまった作りでゆっくり休めそうだったのですが、ホテルの部屋のお風呂が狭いからという理由でチェックイン後にみんなで近所のスーパー銭湯までひとっぱしり。
往復の車内、また湯船につかる雅は終始『どうして…(現場猫)』状態。そりゃそうでしょう。だってこれ“拉致”だもん。ガハハ。

ちなみに拉致したはいいけど、翌日の予定は実は未定というぶっちゃけあり得ない拉致計画で、みんな一斉に湯船の中で唸りながら(一人はサウナに入りながら)どこに行こうか考え、そしてホテルにもどって就寝———

 

のはずだったんですけど、私が寝る気満々でベッドインしたら突然ぺこり君と和ちゃんが入ってきて私のベッドの上でオセロを始めました。曰く『いいだろお前成人の日だぞ』だそうです。新成人の皆様、おめでとうございました。

 

f:id:tenousu-4472:20200123200627j:plain
翌日。素晴らしい青空です。そして平塚くんが始発相当から乗り継いで合流。
実は寝る前に平塚君から電話がきて『俺と(雅)パイセンの予定をつぶしやがって』『ふざけるな』と怒られました。うるせ~~!!しらせ~~!!(南極観測船

当人マジギレ案件で『(金がないから)いかねーよ』『金をだせ』と言ってきたので、2000円ケチってタレントが揃わないのは(絵的にも)つまらないと判断し『出してやるから始発相当で来い(謎の上から目線)』で交渉成立。寝坊するんじゃないかと危惧していましたが時間通りに来てくれました。

納得していない主役2名が揃ったので出発しましょう。

 

f:id:tenousu-4472:20200123201112j:plain
目的地はなんとな~く決まりましたが、その道中に砂川案件をみつけたり、リアル/いなかのえきを発見してエモエモ~とカメラを構えたり撮られたりしました。

 

f:id:tenousu-4472:20200123201252j:plain
インスタ映えするらしい場所にも立ち寄って撮影。春~夏にくるともっと良さそう。

 

f:id:tenousu-4472:20200123201508j:plain
ハイエースを走らせてしばらく。目的地の“ポッポの丘”に到着しました。皆、一度は来てみたかったんだって(c.v.喜多村英梨)。

到着してすぐに『車掌車の乗車体験やりまーす』というアナウンスに一同オタクダッシュ。ヨに駆け込みます。駆け込み乗車をなさいますと、電車が遅れるだけではなくお客様自身の思わぬケガにつながる場合があります。無理なご乗車はおやめください。

皆が思い思いに写真や動画を撮る中、私は伸縮する連結器をずっと見てました。

 

f:id:tenousu-4472:20200123202049j:plain
更にヨを牽いていた何処の馬の骨とも知らない移動機単体で運転するにあたって、機関車のデッキに乗り込んで構内走行。本物の鉄道員になった気分です。

1往復目は好奇心旺盛な私と和ちゃんとぺこり君、平塚くんが真っ先に乗車。2往復目に残りのオタク達が乗り込みました。雅さんとなゆほ君の乗車前後で表情がまったく違うのは草でした。

 

f:id:tenousu-4472:20200123202525j:plain
その後は童心に戻ったオタク7名。遊びまくります。
これは乗り物とのサイズ感が絶妙にあっていた和ちゃん。

 

f:id:tenousu-4472:20200123202604j:plain
これは単線ローカル駅での行き違い待ちをする運転士の真似をするなゆほ君。

 

f:id:tenousu-4472:20200123202912j:plain
ポッポの丘の経営元が養鶏場だそうで、新鮮な卵が販売されています。
そしてその卵を使ったTKG(卵かけご飯)が絶品との噂を聞いて““実食””。

すごいオレンジ色の卵黄と透明感のある卵白。そして炊き立てごは~ん。
がしゃがしゃ~とかき混ぜてパパパ~と口に駆け込むと、口の中でフワ~トロ~って感じで、いやもう“美味い、美味すぎる!!!”の言葉がみつかりません。食レポ才能ゼロと言われても仕方ありません。ですが美味い。一部の展示車両内で食べているという興奮材料もあるんでしょうけど。冗談抜きで『ごはんはオカズ』(c.v.豊崎愛生)です。

 

…で、ですね。大食い低燃費の私はこれだけじゃ満足しないので更に追加でGKD(牛カルビ丼)を““実食””したんですけど、これがTKGを上回るレベル。ヤバイ。すごい。大事件。ずっと『っくぅぅぅぅ~!!!!悪魔的だぁぁ~~~!!』(演:藤原竜也)しか言えなかった。美味すぎて写真を撮り忘れるレベル。食レポ才能ゼロ同志の平塚くんも注文してましたが、気づいたらキモオタ☆スマイル食いしてました。特についてくる卵を混ぜると…是非お勧めです。本当に、冗談抜きで。

 

f:id:tenousu-4472:20200123204529j:plain
その後はさらに実車見学のお時間。

 

f:id:tenousu-4472:20200123204700j:plain
オハネ?オハネフ?カニ?よくわかりませんがこの日は寝台車も開放。
こんな列車旅してみたかった…とつくづく思います。

さらに社長さん/車掌さんのご厚意で特別に実際に使われていた車内放送器具を使って車内放送体験をやらせてもらいました。貴重すぎる経験、本当にありがとうございます。1名が京王線の案内、1名が鉄道ですらないラジオDJごっこをしてました。

他にも沢田研二大好きのボランティア車掌さんが17歳という青年であることに一同驚愕したり、社長さんの熱い想いや今後のポッポの丘について色々お話を伺い、感銘を受けて寄付をしたりお土産を買ったりとポッポの丘を十分に満喫して帰路につきました。私?4000円くらい募金箱にいれました。社長と車掌さんの熱意に、また来たいと思ったからです。年末ジャンボ当たってたらなぁ…。

 

最後は都内の中古屋に立ち寄ったのち、解散となりました。
この中央どうでしょう企画の立案者として、2人を騙し拉致できたこと。そしていい思い出ができたこと。本当に良かったです。雅さんも平塚くんもなんだかんだ満喫してくれたみたいで何より。今度は『拉致する』と予め言って(しかし目的地はもちろん言わない)から拉致しようと思います。ガハハ。おわり。

 

 

 

【追記】
記事を書くにあたってすっかり忘れていたことが1件ありました。
①で触れたか触れてないか忘れました(見返せ)が、雅さんを騙すにあたって『劇場版シンカリオンを見よう』と言っていて、雅さんといえば、それはもう映画を見る気満々で東京に来ていたのに結局映画は見に行かないということで大変ショックを受けていました。そりゃそうだ。
なので、ポッポの丘を出てすぐ。ハイエースの車内で雅さんにひとつ尋ねてみました。

私『シンカリオン見たいの?』
雅『見たい(即答)』

ほほう、そんなに見たいのか…

私『映画は静岡で適当に見てもらうとして(雑)、そんなに見たいのなら拉致したお詫びを兼ねて円盤を買ってあげよう。』
雅『!?!?!?!』
私『ただし“勝負に勝ったら”な。』
一同『!?!?!?!!?!?!?!?!?!?!』

 

f:id:tenousu-4472:20200125205217j:plain
京都抹茶小豆のロールケーキ。京都運転会の帰りに2箱買ってきたわけですが…もうお分かりですよね?属に言う『対決列島』です。はい、用意周到。

仕事終わりに濃厚つけ麺1㎏を平らげるほど燃費最悪の胃袋を持つ私。いくらTKGとGKDを平らげていだまだ私の胃袋には余裕があります。負けるわけがない。企画的にも面白い。対決の口実とタイミングを伺っていましたが、やるならこのタイミングしかありません。そう踏んで、雅さんに対し対決を挑んだのです。
ただ1:1の戦いでは周りの人間が置いてけぼりになるので、雅&平塚vs福遠&ぺこりのタレント対ディレクター陣で勝負に挑みました。

 

結果?そりゃ動画ができてからのお楽しみです。ところで劇場版シンカリオンの円盤は何時頃でるんでしょうね。う~ん、人選ミス。

当初は赤福にしようと思ったんですけど、喉に詰まらせて窒息事故になったら最悪なので安全を考慮してのロールケーキでした。はい、用意周到。さすが私。

 

 

【おまけ】巻き添えのなゆほ君のブログはこちら。

nayuho.hatenablog.jp

 

中央どうでしょう 房総半島暴走編①

f:id:tenousu-4472:20200119175418j:plain
こんばんわ。今、私は神奈g…おっと失礼。東京都町田市某所に来ています。
プラレールひろばin京都を終えたその足で、新幹線を使って京都~新横浜→横浜線で町田まで来て、ハイエースを運転する和ちゃんと合流し現在に至ります。

さて、これからちょっと“ドライブ”に行こうと思うのですが、まだ“事情を一切しらない主役”etcが来ていませんので、彼らを待つ間に今回このようなドライブをするに至った経緯を簡単にお話ししましょう。それは昨年10月中頃に静岡帰省している時のことです。

 

げんこつハンバーグを食らう私『ところで来年(2020年)は中央運転会10周年企画だし、久しぶりに中央どうでしょう企画をしたいと思ってるんだけど…〇氏を拉致するなんてどう?』

げんこつハンバーグを食らうぺこり君『あ~^いいっすね~^wwやりましょうww』

 

2020年はプラレールひろばinちゅうおう10周年という節目の年。思い返せばいろんな出来事がありました。震災の影響で第2.5回という回が爆誕したり、中央児童館が建て壊されたり、東西分裂騒動なんてこともありました。懐かしいですね。
ただです、過去を懐かしむのも大事ですが“これからの時間をどう過ごすか”も大事なわけです。だから、この節目の年に何か記憶に残る思い出を記録にしたい…そう思いました。

内輪の話になってしまうんですけど、2014年にオタク4人で多摩地区の中古屋を1日中駆け巡る無慈悲ツアーなる企画を行いました。その様子を記録し編集した動画が某人気番組を模したものでして、故にこの企画を““中央どうでしょう””と呼んでいたんですね。

…ただ、その中央どうでしょうも2014年以来何も進展なし。もちろん話くらいは出ていたんですけど、各々の都合がつかず今日まで流れてしまっていたんです。

 

で。節目なんだし(強調)、中央どうでしょうをやりたいな→だったら本家の如くタレント枠の2人には何も告げず拉致しよう→そうしよう、そうしようという流れになるのは至極当然であって、もちろん私一人では限界があったので、同郷でメンバーからの信頼も厚いぺこり君に話をもちかけた次第でした。

その後、1000番台さん(カメラ・編集担当)や和ちゃん(運転担当)が合流し、なんやかんやで今回の企画が決まり、残るはタレント2名をどう自然に拉致するか…

そんな矢先にMTC(町田トレインコネクション)の開催、それに合わせて対象人物1名が上京、劇場版シンカリオンの公開に際し『見たい』とボヤいていた某氏に悪魔の如く『じゃあMTCの翌日に見に行こうよ、ウチに泊まりなよ』とさらっと予定を埋めさせることに成功。そういうことで、今はMTC終わりの某氏を町田市某所で待っている、という状況です。雑説明乙。

 

しばらくすると主役の1人がやってきました。

f:id:tenousu-4472:20200119182427j:plain
雅『まったく、居場所がわかりずらいんだよ』
※画像はイメージです(服装は概ね一緒だったのでヨシ)。

20時前に主役の雅さんが到着。一緒にいるのはスタッフ陣営の1000番台さん、ぺこり君。そしてホテルの部屋に空きがあるからと急遽声をかけた(一応事情は知っている)なゆほ君。

かくして6人が集合。うち事情を知らないのは1名だけ…www。あとは主役のもう一人が来るのを待ちたいところですが、あいにく別件が外せないので残念ですがもう一人は…夜行バスとかで来てもらいましょうかね、バスタ新宿から便があるようですし。

 

『ささ、はやく行きましょう』『どこに行くんだよ』『ちょっとそこまで』『ほら、車をあっちの駐車場に入れてきて』『は?』『はやくはやく』『ほら早く』『24時間1000円だし』『車を“ご移動”願います』と半ば強引に雅さんの青い車をその辺に放置させ、ハイエースに乗り込んで目的地に向かいます。

 

雅『どこいくんだよ、町田(車)に帰る気ないだろ?』
和『アクアラインまでドライブですよ、大丈夫ですよ(戻るとは言っていない)』

慎重さと察しがいい男は一人不安そうに苛立ちを隠せず、終始ご機嫌斜めの様子。そりゃそうだ。でもだからって辞めないけど。

 

高速道路を走り、カメラを回しながら雑談をして1時間くらいたったでしょうか、長いトンネルを抜け『東京湾だね~』『あの観覧車ってお台場?』『いや千葉じゃね?』というスタッフ側の大根芝居に苦笑いしながら『千葉までくるとか、町田に戻るの何時だよ…』と苦言を呈する雅さん。この期に及んで戻れると思っているようなので、ここで種明かしをします。

 

福遠『町田に戻るわけないじゃん、このまま千葉で一泊して明日遊ぶよ』
雅『は?!?!?!?!!?』

 

To Be Continued...

プラレールひろばin京都

f:id:tenousu-4472:20200117230357j:plain
伏見稲荷神社を下山し、息も絶え絶えのオタク2名は、これより花園駅へ向かいます。

道中『花園って…』『ラグビーじゃないよ』などの心温まるやりとりをして…

 

f:id:tenousu-4472:20200117230538j:plain
午前9時半に会場到着。さて、どんなレイアウトが待っているのかな~と会場を覗くと

 

f:id:tenousu-4472:20200117230705j:plain
としぼうさん『おおいらっしゃい!わざわざ来てくれたん?ありがとう!』

え、あ、その、、、いえ、まさか当日設営だったんですね。公開少しだけ顔を出して京都鉄道博物館にも寄ろうと思ったんですけど…いえ、お手伝いさせていただきます。

というわけで設営。ジャイアント君やくじら君をはじめとする関西の若い子らがアレコレと線路を敷設している様子を横目に、としぼうさんや航海長さんらベテランプラレーラーが熱いプラレール談義で話に華が咲いているのを盗み聞きしながらレールをもって右往左往します。

f:id:tenousu-4472:20200117231338j:plain
12時30分頃には一段落し、無事に公開。
としぼうさん曰く『今回は密度が低い』ということです。すみません、経験不足(10年)です。勉強しなおします。

 

f:id:tenousu-4472:20200117231610j:plain
そんな経験不足(10年)の私が一人黙々と組立てては値を上げ、最後の最後に航海長さんと寅さんに助けられたのがここ。なんじゃこりゃ。

基本は左右対称のエンドレスを重ねるように組み立て、つながりそうなところは片っ端からつなげた次第。う~ん、割と好き(チョロい)。

 

f:id:tenousu-4472:20200117232629j:plain
我ながらここが好きポイント。
メインの複線駅と少しズレて置かれた支線の単線駅。そして2つを繋ぐように架けられた地下レールと都会の駅の2層建てレイアウト。具体的イメージこそありませんが、複線駅(JR)と並走する単線駅(私鉄A)、それを跨ぐ新線駅(私鉄B)みたいな。

…ごめんなさい、熱く語っちゃいました。

 

f:id:tenousu-4472:20200117233010j:plain
Twitterで気になっていた3D印刷の貨車群を作っていた佐鳴湖公園ミニ鉄道さんに我が儘をいって車両を見せてもらいました。めちゃくちゃかっこいい。好き。妊娠しちゃう。などとベタ褒めしていたら余った印刷物をいただいてしまいました。

そして早くもそれを寅さんに見つかって、あっという間に囲われてしまいました。

 

会場内は穏やかな時間が経過し、ちょっと休憩がてら外のベンチで休んでいたら、いつもの如く寝落ちしていました。すみません。

 

 寅さんだけでなく、仕事終わりにいらっしゃっていたけんぼーさんにも晒されてしまいました。言い訳すると早朝から仕事をして、直で夜行バスに乗って、伏見稲荷山を登ってきたので普通にへとへとでし、、、いや、すみませんでした。

ところで“じゃない方”ってなんですか。

 

f:id:tenousu-4472:20200117234033j:plain
会場に戻ると、いつのまにかぐんぼーさん、ドボンさんがいらっしゃいま…その手に持っているのはもしかして弊サークル(?)いなかのえき発行の““プラレール大全””では!?!?!

大先輩たちから『よく網羅されている』『素晴らしい』『在庫があるなら欲しい』『なゆほ君の知識はさすがだ』『サインが欲しい』と大絶賛。なゆほ君、やっぱりサインの練習しといたほうがいいよ。

 

f:id:tenousu-4472:20200117234415j:plain
そんな感じで気づけば閉幕。1時間程度と驚異的なスピードで撤収しました。
撤収時にとしぼうさんの奥様から『じゃない方ってなに?』と言われましたが、それは僕にもわからないのです。京都鉄道博物館?いつか来ましょうね、いつか。

 

というわけで、最後の搬出で新幹線の時間がきてしまったのでご挨拶をして一足先に会場を後にしました。楽しい時間をありがとうございました。また懲りずによろしくお願いします。